HOME > 病気について > 肝臓病 > NASH(非アルコール性脂肪肝炎)の食事について

NASH(非アルコール性脂肪肝炎)の食事について

更新日:2015-07-01

食事のポイント

① 規則正しい食習慣

 食事間隔をあけたり、欠食・早食い・むら食い・間食などの食習慣をしている場合は、いくら摂取エネルギーを制限しても減量効果は現れません。規則正しい食習慣にしましょう。また、夜型の食生活も太りやすい体質を作ります。夕食は軽めにし、夜食を取るのは控えましょう。

② バランスの良い食事

 ◎主食1品 + 主菜1品 + 副菜1~2品 を目安に偏りなくとりましょう。

 ◎魚介類・大豆製品をしっかりと!
さんまやあじなどの青魚や豆腐・納豆などの大豆製品はコレステロールを低下させる効果もあります。毎日摂るように心がけましょう。お肉は脂身の少ないものを選ぶようにしましょう。

 ◎野菜はたっぷりととりましょう
野菜には、肝臓に必要なビタミンやコレステロール・血糖の上昇を抑える食物繊維が含まれています。海藻やきのこ類も含めて、毎食しっかりと摂りましょう。

③ 脂肪や糖質は控えめに

 脂肪はエネルギー量が多いので少なめにしましょう。また、余分な糖質は体内で脂肪に転換しやすいので、一定量を守りましょう。

適度な運動を!

 運動不足があると、筋肉量が低下するために基礎代謝量も落ち、太りやすい体質を作ることになります。代謝をアップし、エネルギーを燃焼しやすくするためにも、日頃から体を動かす習慣をつけましょう。

Copyright(c) 2012 - 2017 浜田内科・消化器科クリニック All Rights Reserved.
Top