脂肪肝

更新日:2013-02-10

脂肪肝

脂肪肝はアルコールの多飲、過食、肥満、糖尿病などが原因で発症します。薬剤は補助的に用いられるので、脂肪肝を起こす原因を明らかにし、これらを除去、改善する事が必要です。

摂取エネルギーを制限

肝臓に蓄積された脂肪を除去することが目的なので、消費する分より摂取エネルギを少なくし、エネルギーを不足させることが必要です。

脂質、甘いものは控えめに

肉の脂身やバターなど動物性の油や、砂糖、菓子類のショ糖、果糖は体脂肪になりやすいので、できるだけ制限しましょう。

禁酒する

アルコールは肝臓に負担をかけると同時に肝臓で脂肪に合成されやすく、高エネルギーである上に食欲を増進させる作用があるので、アルコール性脂肪肝はもちろんのこと肥満、糖尿病の場合も禁酒とします。

食物繊維をとる

低カロリーで、満腹感を得られる食物繊維は、脂質や糖質の吸収を遅らせるので、多めにとるようにしましょう。

Copyright(c) 2012 - 2017 浜田内科・消化器科クリニック All Rights Reserved.
Top