慢性肝炎

更新日:2013-02-10

慢性肝炎

慢性肝炎は治りにくく治療は長期間を要するがほとんどは、自覚症状も見られず、食欲もあることが多いのが現状です。必要以上のエネルギーは肥満や脂肪肝を生じる事があるため適正エネルギーの摂取を心がけましょう。

栄養のバランスに気をつける

良質のたんぱく質含有食品をはじめ、糖質、脂質、ビタミン、無機質など、多種類の食品を摂取しましょう。

調理法に工夫を

腹部膨満、食欲不振、吐き気など胃腸症状を軽減するよう、食物繊維の多い食品は避けて、蒸す、煮るなどの工夫をしましょう。

薄味に

体内に水分が貯留しやすい状態になっているので、塩分を減らすことが必要です。

その他

・ 添加物を含む加工食品などは避け、食品素材を用いましょう。
・ 香辛料などの刺激物の制限
・ 炭酸飲料など発泡性のものもさけ、アルコールは完全治癒まで禁止

Copyright(c) 2012 - 2017 浜田内科・消化器科クリニック All Rights Reserved.
Top