HOME > 検査について > 胃内視鏡検査を受けられる方へ

胃内視鏡検査を受けられる方へ

更新日:2013-02-12

胃内視鏡検査は、先端に電子カメラがついた細いチューブを飲み込んで胃内をよく観察する検査で、胃癌をはじめ、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃炎などの異常がないかを正しく診断するための必要な検査です。

現在は内視鏡のチューブはかなり細くなり、飲み込みやすいように、のどに麻酔をしますので苦痛も非常に少なくなっています。
検査自体も数分で終了する簡単なものです。早期の胃癌や慢性の潰瘍などは自覚症状がない場合も多く、検診で初めて見つかることがよくあります。手遅れになると生命をおびやかす胃癌も早期に発見して治療することで完全に治すことが出来ます。

検査前日

・ 夕食は固いものを避け、消化の良いものを摂り午後8時頃までに済ませてください。
それ以降は何も食べないで下さい。

・ 水やお茶は飲んでもかまいませんが、その他の飲み物は控えてください。

・ 普段から就寝前に薬を内服している方は、いつものように内服してください。

検査当日

・ 朝食は絶対にとらないで下さい。

・ コップ1杯程度の水は飲んでもかまいません。
(牛乳、ジュース、日本茶、紅茶、コーヒー等は飲まないでください。)

・ 心臓、血圧の薬を内服している方は、朝の分を起床時に内服してください。

・ 糖尿病の薬(インスリン注射も含めて)は、服用しないで下さい。

・ その他の薬は原則的に服用しないで下さい。

・ 検査時は義歯、眼鏡、口紅等ははずしてください。

・ お腹の緊張、動きを抑える筋肉注射を肩にします。

来院時の注意

・ なるべくゆったりとした服装でお越し下さい。

・ 検査後、前処置の注射の影響がとれるまでに時間がかかりますので、余裕をもっておこしください。

・ 注射の影響が残りますので、車の運転はおやめください。

検査終了後

・ うがいはしてもかまいませんが、のどの麻酔がとれるまでは食事をしないで下さい。
(のどの麻酔がとれるまで約1時間程かかります。まず、水を飲んでむせたりしなければ、食事を摂ってかまいません。)

・ 胃内に空気を入れて観察するため、「お腹が張った感じ」があるかもしれませんが、ガス(おなら)が出れば治ります。

※ 検査中

1.生検(胃の粘膜からごく小さい組織をつまみ出す)することがあります。

眼で見ただけで診断がきめかねるときに、胃粘膜から細胞を採って顕微鏡で調べます。
痛くはありませんが、小さい傷や少量出血します。すぐに治りますが、2~3日は刺激の強い物(辛いもの、アルコールなど)は避けてください。

2.色素液をまくことがあります。

食道や胃粘膜の細かい変化を観察するために、色素液をまくことがあります。後で便に色がつくことがあります。

3.ポリ-プなどがあれば内視鏡的に切除することも可能です。

4.早期胃癌などの粘膜切除術(EMR)についてもご相談ください。

※ 次のような方はお申し出下さい。

● 心疾患、緑内障、前立腺肥大、アレルギー体質、のどが痛い方。

● 血液が固まらないようにする薬(ワーファリン等)を服用している方。

Copyright(c) 2012 - 2017 浜田内科・消化器科クリニック All Rights Reserved.
Top